トヨタ

コロナ禍でも期間工になりたい!早く採用されるポイント

新型コロナウイルスの流行は、自動車業界にも影響を与えています。

一時期では期間従業員の採用自体をやめてしまった企業もありますが、2021年2月現在では徐々に採用を回復しています。

コロナ禍でも期間工の募集はしている

トヨタ自動車など期間工の採用を再開した企業の多くはWeb面接を活用するようになったため、応募する側も感染を恐れながら移動する必要がなくなりましたし、採用する側も多くの場合会わずに済むようになり安全は確保されていると言えます。

面接を行っている企業もありますので、企業さえ選ばなければWeb環境が確保できなくても問題はありません。

採用されづらいということはあるのか

コロナ禍のさなか、いわゆる「コロナ解雇」などでこれまでの仕事をやめざるを得なかった人が続出しています。

そのため、正社員登用狙いや一時しのぎなどのために期間工の志願者自体は増えていると考えられます。

また、一部のメーカーではまだ期間工の募集を再開していないため、コロナ以前の求人数にまでは回復していない可能性があります。

しかしいくつかの自動車メーカーの募集サイトを見る限り、今でも期間工の面接は毎日のように行われているので、募集が極端に減ったり倍率が上がって狭き門になったりしているわけではありません。

期間工になることを考えているのなら、すぐにでもチャレンジしてみましょう。

コロナ禍の期間工応募は紹介会社を活用して効率よく行うが吉

期間工を募集している企業の多くは、自社で募集サイトを管理しています。

そのため、「期間工 ○○(企業名)」と検索すれば必ずといっていいほど上位に公式サイトが表示されます。

多くの公式サイトでは募集要項だけでなく待遇や工場の様子も掲載されていますし、その場ですぐ面接申し込みをすることも可能です。

一方、期間工に応募するのに紹介会社を利用する方法もあります。

紹介会社は事務職や営業職などでいう転職エージェントと似たようなもので、期間工になりたい人と採用したい企業を結びつける役割があります。

直接応募するメリット

公式サイトから直接応募するメリットは、

  • 早ければ翌日の面接予約を取ることができる
  • 名前を知っている企業に確実に応募できる

ことにあります。

希望する会社にできるだけ早く入社したいなら、公式サイトから応募するのが最も早く選考に進めます。

すぐに選考の過程に入れる分、入社までのタイムラグを圧縮することができるので、早く働きたいときにはおすすめです。

紹介会社を通すメリット

一方、紹介会社を通して期間工に応募するメリットは、

  • 紹介会社からの入社祝い金をもらえる
  • 面接など、選考過程でのサポートを得られる
  • 名前を知らない企業のことも知って応募できる

ことにあります。

紹介会社を通す場合、入社祝い金を上積みできるだけでなく、いろいろな企業への応募がワンストップにできます。

たとえば期間工.jpでは、最初は希望する会社を選んで応募します。

しかしすぐに企業と会えるわけではなく、最初に紹介会社であるアウトソーシングの担当者と面談をし、希望条件や環境をすり合わせます。

その後履歴書の書き方や面接などについてサポートを受けながら選考を受け、選考に通った場合は入社前まで、通らなかった場合でも他の企業を紹介してもらうことができるのです。

すでに技術があったり以前勤めた会社の期間工を希望していたりなど比較的選考に通りやすい条件を持っていて、かつ時間を節約したい場合は公式サイトから応募するのが早く決まります。

ただ期間工に応募するのが初めてだったり、業界に関する知識や社会人経験が少なかったりするならば、紹介会社のサポートがある方が心強いです。