トヨタ

トヨタ期間工の契約更新の時期と条件!長く働くコツは?

トヨタの期間従業員(期間工)は最長で2年11ヶ月の契約が定められていますが、その間に何回か契約更新をする必要があります。

契約更新は条件を満たしている場合のみ可能で、契約更新をするメリットは契約満了に伴う手当が支給されることです。

しかし、期間工はいつ契約終了するかわからないのが弱点となるので、きちんと更新手当を貯めておき、いずれは正社員になれるよう努力するのがおすすめです。

トヨタ期間工の契約更新時期

トヨタの期間工は最短3ヶ月~最長2年11ヶ月までの雇用期間が定められています。

どれだけ本人が希望しても2年11ヶ月を超えて期間工として働くことはできません。

また2年11ヶ月までの間に何度も契約更新時期を迎えるので、そのタイミングで更新されなければ契約終了となってしまいます。

トヨタ期間工の契約更新期間を表にしました。

初回契約 3ヶ月
1回目契約更新 3ヶ月(通算6ヶ月)
2回目契約更新 6ヶ月(通算1年)
3回目契約更新 6ヶ月(通算1年6ヶ月)
4回目契約更新 6ヶ月(通算2年)
5回目契約更新 6ヶ月(通算2年6ヶ月)
6回目契約更新 5ヶ月(通算2年11ヶ月)

 

働き始めたばかりの間は3ヶ月と短い更新期間ですが、通算で半年間を過ぎるとその後の契約更新は6ヶ月後となります。

トヨタ期間工の契約更新条件

期間工の契約更新には条件があり、それを満たしていないと更新することができず契約終了してしまいます。

長期間の勤務を希望しているのであれば以下の点に気を付けましょう。

本人が希望していること

まずは本人が契約更新を希望していることが前提となります。

契約更新時期が近付くと更新希望かどうかを確認されるようですので、更新を希望している場合はそこできちんとその旨を伝えましょう。

しかし本人が希望すればだれでも更新が可能かというとそうではなく、会社側の2つの契約更新判断基準も満たしている必要があるのです。

契約期間満了日以降の生産見通し、その他業務量が十分なこと

まず会社の判断基準の1つ目は、契約期間満了日以降の生産見通し・その他業務量があることです。

簡単に言うと、今後も期間工の人材確保が必要なほどの生産量や業務量があるかどうかということですね。

生産量や業務量が減れば当然人手が余り、会社側も経営を維持するために人件費を削減する必要がでてきます。

人件費削減の対象となるのは正社員ではなく非正規雇用の期間工からとなるのは言うまでもありません。

これは日本の景気や自動車業界全体の売れ行きなどにも左右されますし、トヨタ自動車ほどの大手企業ならば海外の景気も大きく影響します。

たとえば2008年にアメリカのリーマン・ブラザーズという大手投資銀行が経営破綻した際に起こったリーマンショックは記憶に新しいでしょう。

リーマンショックの後はトヨタのみならずたくさんの企業で期間工や派遣社員などの契約更新がされなかったことも事実です。

この条件は個人ではどうしようもない問題なので、タイミングと運の良さを祈るしかないですね。

本人の勤務成績や能力の評価が良いこと

2つ目の会社の判断基準としては本人の勤務成績・態度・能力が認められていて、健康で体力もあることが挙げられます。

これは前述した会社の経営に関わることではなく、契約者本人の個人評価によるものです。

たとえば遅刻や欠勤が多かったり、勤務中に真面目に仕事をしなかったり、また健康面でもこのまま期間工として勤務するのは難しいと判断されれば契約更新はされません。

会社や上司からしても、勤務態度が不真面目な人よりも勤務成績や態度が良くて仕事もできる人とこれからも一緒に働きたいと思うのは当然でしょう。

これば期間工の更新だけでなく、期間工から正社員になるためにも重要な条件となるので、期間工として長期間働きたい場合はもちろん、いずれ正社員を目指しているという場合も常に気を付けるようにしてください。

契約更新すれば更新手当が支給される

前述した更新条件を満たし、契約更新をすれば満了慰労金や満了報奨金という手当が支給されます。

更新手当はボーナスのようなものだと考えると良いでしょう。

満了慰労金は契約更新のたびに支給額が増えるので、満了金を目的に長期間の雇用を目指している期間工もたくさんいますよ。

期間工はいつまで雇用されるか分からないのがデメリットなので、こういった手当をしっかり貯めておくと安心ですね。

ただしいずれも契約期間の途中で退社した場合は支給されないので気を付けましょう。

満了慰労金の目安

満了慰労金は契約期間満了者に対して、当該契約期間に応じた金額が出勤日数分支払われるというものです。

なお、欠勤や遅刻・早退などをした日は支給対象外となるので注意しましょう。

満了慰労金の支給額目安は以下の通りです。

契約期間 日当たり支給額 支給額目安
3ヶ月満了の場合 500円 30,500円
6ヶ月満了の場合 1,700円 207,400円
1年満了の場合 2,500円 305,000円
1年6ヶ月満了の場合 2,700円 329,400円
2年満了の場合 2,900円 353,800円
2年6ヶ月満了の場合 3,100円 378,200円
2年11ヶ月満了の場合 3,300円 396,000円

 

契約更新のたびに支給額が増え、特に1年満了後は30万円を超える手当が支給されるのは魅力的ですね。

満了報奨金の目安

満了報酬金は契約期間満了者に対して、1日あたり1,500円が出勤日数分支払われるというものです。

ただし欠勤や遅刻・早退を1日でもした月は支給対象外となるので気を付けてください。

満了報奨金の目安は以下の通りです。

契約期間 支給額目安
3ヶ月満了の場合 91,500円
6ヶ月満了の場合 183,000円
1年満了の場合 183,000円
1年6ヶ月満了の場合 183,000円
2年満了の場合 183,000円
2年6ヶ月満了の場合 183,000円
2年11ヶ月満了の場合 180,000円

 

1年満了した場合は満了慰労金と合わせると約48万円が一度に支給されますね。

勤務期間が長ければ長いほどかなり高額な手当がもらえるのでなるべく期間工を長期間継続することを目標にしましょう。

まとめ

トヨタの期間工は最短3ヶ月から最長2年11ヶ月雇用されるので短期間の就労を目的として応募する人も少なくありません。

しかし期間工は契約更新のたびにボーナスのような手当が支給されるので、短期間で辞めてしまうよりも長期間継続したほうが高収入を得られます。

ただ契約更新には条件があり、その条件を満たさないと更新ができず契約終了となってしまうのがデメリットです。

契約更新には会社の業績というような自身ではどうにもならない条件もありますが、個人の勤務態度や評価という自分が努力すれば実現できる条件もあります。

契約終了してしまうと収入が無くなり、1日も早く次の就労先を探さなければいけなくなるので、期間工を続けながらも正社員を目指すのが一番おすすめです。

正社員登用を目標にしている場合も個人の評価というのは重要な選考ポイントとなるのは間違いないので、日ごろから心がけておくようにしましょう。