トヨタ

トヨタの期間工面接で守るべき3つのポイント

いままでフリーターしかやったことのない自分が期間従業員になれるのだろうか?

アルバイトの経験はあっても、トヨタや他の期間工の仕事に応募するのは少し不安な人は多いはずです。

なにせ応募先は日本が誇る自動車産業ですから、アルバイト経験しかない自分では相手にされないかもと思うのは人として当たり前の感情でしょう。

最低限のマナーと常識で面接を受けることで、期間工は案外あっさり合格してしまうものなのをご存知ですか?

ここではトヨタ自動車の期間工を例に、面接で最低限守るべきルールをまとめてありますので、参考にしてみてください。

期間工の面接3つの注意点

期間工で面接を受けるときに、注意しておく点が3つあります。

面接はスーツが望ましい

就職活動といえばスーツがユニフォーム扱いになっていますが、期間工は就活や中途採用とは違い、期間が決められた有期契約社員の採用です。

あまり気負った服装で面接に望む必要はありません。

ジーンズとスニーカーで面接を受けて合格している人もいると聞いたことがあります。

しかし面接官も人ですから、最初の印象で採用不採用を決めることも考えられます。できる限りスーツで面接を受けると良いでしょう。

もしスーツを持っていない、またはスーツを買うお金がないのであれば、できるだけキレイ目の服装を心がけてください。

ダメージジーンズや露出の高い服装は避けましょう。

髪型やピアスは控えめに

トヨタ自動車の寮を覗いてみると、金髪でピアスを付けた人を見かけますが、同じ格好で面接を受けるのは流石に非常識です。

髪の毛を明るく染めている人は、面接日だけでも黒染めスプレーなどで染め直してください。

ピアスも透明なものや目立たないデザインをつけてください。

ピアスをつけているだけで不採用にはなりませんが、仕事中に引っ掛けたり機械に巻き込まれる恐れのあるピアスを付けている人は、安全上採用を見送られることもあります。

面接ではタメ語を使わない

面接官は印象の合否をあなたの面接での受け答えで判断するかもしれません。

アルバイトの面接では見逃されていた言葉遣いも、面接官は許してくれないことだってあります。

たまにフレンドリーに接してくれる面接官に気を大きくして、友達感覚で喋りだしドン引きされる人もいるので面接中は常に言葉に気をつけてください。

面接のまとめ

人手不足が深刻な期間工はいま喉から出がでるほど人がほしいので、採用基準がとても優しくなってきていると言われています。

しかし仮にも数百万もするクルマや商品を作る会社で働くのですから、最低限度の常識は必要とされています。

面接で守るべき3つのポイントを参考にして面接を乗り越えてください。